atelier LOTTA  depuis 2004
Text Size :  A A A
|  News  |  Diary  |  about lotta  |  Flowers  |  Lesson  |  Wedding  |  event   |
|  Link  |

中田篤さんの花器。
かっこいいのーこれ。
Img_491b6a0f7d5b8a3e7b766b15b29f804d
Img_b4ba49c4f8c711ffa9ffe9fa2d9290f6
Img_3fe537a205cab2dade1992155caeb4e4

返しはないけど、ピクルスフォーク、、なのかな?

果物を食べるときはなんとなくいつもこのフォーク。

果物は一口サイズにちっちゃくカットするのが好き。

剥いてくれるならなお好き。
パリから手持ちで大事に連れて帰ってきた

アスティエのカップ&デミタス
Img_a8dae2c0f06e43ef22338be003c6fd98
Img_af6030bd12c0179b9f55e1f2e10efb64

ゆうちゃんとはなちゃん。

猫のいる風景。

シアワセでおだやかな時間。

Img_99b4b99976472d6f8a119cf597d5fbdb
Img_2e9e9db874492420a23682fab1fe2846
Img_3b1f9be47e1c1b5368ca137f5343738f
Img_0381df8e52ae58cd3a81d12f7beef594
鷹匠のaddition Neufさんでの「林みちよ展」で
大好きなみちよさんの花器に
古典の花、「たてはな」をいけさせていただいています。

まだまだ修行中の身の私にこんな機会を与えていただいて本当に感謝。

つたない花ですが、
気持ちをこめて、こみわらを拵え、山で草花を探し、丁寧に、
風のふくような花がいけられたらと思います。


花をいけるために、草花を探しに山へ。

朝の山の空気、秋色に色づいたすすきの葉やドウダンツツジの葉。
庭で咲いたホトトギス。

自分の目、自分の手で、花を自然からわけていただくときから、
花をいけることは始まっているのだなーと改めて感じます。


花をいけるのがとっても楽しい。



Img_0d6fb5d93d4fe9da2b17fa9523e2b32f
Img_eda22c5fcd1b7a988b85341e02224ea6
Img_f0ce4e30b7e29b9dab46406775521079
弟からの発注で、
とてもお世話になっている
素敵なマダムにお届けのアレンジ。